昭和村を知る
昭和村を観光する
昭和村を体験する
昭和村で生活する
交通・アクセス
地図
トップページ
-博物館だより vol.97-


休館日情報

<1月31日の博物館>

からむし工芸博物館は冬季休館日があります。
随時更新しますので、お出かけのさいはご確認ください。
   
平成29年1月31日現在
休館予定はありません



企画展図録販売開始

<平成29年度企画展図録>

大変お待たせしました。
平成29年度企画展図録ができあがりました。
今年度は企画展開始後も多くの関連資料がみつかり、できるだけ盛り込んでいたら完成が遅れました。

繊維を布にするまでの過程を解説する最終シリーズ「糸から布へ」。
いつものように、基礎編が右側から、応用編が左側から読めるようになっています。
基礎編は小学生でも分かるように書いてありますので、自由研究などの参考にも最適です。
 
 通信販売でも購入できますので、興味のある方は博物館刊行図書のページからお申し込みください。

 A4判 37ページ 基礎編:オールカラー、応用編:図版カラー
 1,000円/冊



冬の博物館活動

<糸ができた人は織り始めています>

見学者の少ない冬場に博物館が何をしているかを、そっと(?)お教えします。
最大の仕事は、来年度企画展の準備ですが・・・。

そのひとつが、昭和村の地機織りを伝承するための「地機講習会」です。
村の方に、昭和村で織り続けられてきた地機の技術を学んで次の世代に伝えてもらうために開催しています。
11月〜翌3月の積雪期間に、糸を績んで地機で織ります。
1年目は男帯、2年目は半幅帯、3年目は八寸帯を織る過程で、次第に糸が細くなり、作る量も増えていきます。
4年目以降は、からむし市向けの商品を作ることが目標です。

技術の習得はもちろん、村の方達と昭和村に移り住んだ人が一緒に作業することで、昭和村のあれやこれやを教えてもらえるのも、大きな魅力となっています。

講習会での作品は、毎年2回、お披露目します。
1回目はからむし市の期間にからむし工芸博物館ロビーに、
2回目は11月の村民文化祭期間に昭和村公民館に展示します。

からむし市期間の作品展
開催期間:平成29年5月3日(水)〜5月6日(土)
開館時間:9〜17時(入館は16:30まで)



古文書教室第3段階へ

<北越雪譜部分>

古文書教室も、博物館冬の活動のひとつです。
 
1月から「北越雪譜」に入りました。
雪の結晶の詳細な絵図でも有名なこの本は、江戸時代に雪国の暮らしについて詳しく語られ、当時ベストセラーにもなった本です。
 作者の鈴木牧之は、新潟県魚沼地方の縮問屋だったため、カラムシや縮織りのことについても詳しく書かれており、その部分を読み進めていきます。

昭和村は、女手があって糸がたくさん績める家では、蚊帳地やすきんのぅ(ふかし布)などを織って副収入を得ていましたが、主に自家用の衣類を織っていました。
それに対して新潟県は、現在の国重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている高品質な上布や・縮の産地です。糸は限りなく細く、目の痛くなるような絣柄を施すなど、各作業は分業となって、それぞれに高度な職人技の結晶です。
そんな社会背景の違いを考えながら、昭和村と新潟の違いを見られる、絶好の教材です。

単回受講も可能ですので、2週間前までに、博物館にお申し込みください。

1.日程
 あと3回、土曜日、10:30〜12:00
2月4・18日、3月4日
2.場所
 公民館 研修室
3.持ち物
 鉛筆・消しゴム
4. 講師
 小林盛雄さん 

問い合わせ・電話申し込み:からむし工芸博物館 58−1677



雪まつり

<せんべい焼き器>

毎年雪まつりには、雪ざらしの実演を博物館で行います。
織姫体験生・研修生の協力で行いますが、天候次第ですので、好天を祈ってください。
また、寒く大変な中来ていただきますので、展示室の無料開放も恒例となりました。
 
そして今年はもうひとつ。
昭和村では平成27年度から民具整理を始めました。
村の方から寄贈されたたくさんの民具や資料の整理に手が着いていませんでしたが、しっかりとやり始めました。
実際に使っていた方たちから聞き取りをし、写真を撮って、寸法などの記録をとり、分類してカードを作り、すぐに取り出せるよう棚に整理しています。
その成果が、今年の企画展です。一部でも紹介できてうれしく思っています。

そんな中出てきたのが「せんべい焼き器」。
囲炉裏で焼いて食べたという話を聞いたらおもしろそうで、雪まつりでみんなで焼いて食べたいね、ということになりました。

お餅を挟んで焼くのですが、思いのほかサクサク・フワフワの食感も、焼くのも楽しく、雪まつりでお店を出しますので、覗いてください。
焼いたせんべいの販売もしますが、是非ご自分で焼いてみてください!
店の名前は「民具整理ボランティアの会」です。
民具整理を手伝ってくださっているボランティアのメンバーで行います。

<雪まつり>
開催日:平成29年2月26日(日)
時 間:9:30〜15:00

<雪ざらし>
実演時間:11:00〜11:20、
13:30〜12:50(取り入れ)

<からむし工芸博物館>
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
     ロビーで今年度の寄贈品を紹介します






編集後記
<からむし見本園 1月31日>

とうとう見本園は、跡形もなく雪の下となりました。本日も雪。2月の雪まつりの雪不足に心配は無くなりました。後は好天を祈るばかり。足もとがとても悪くなりますので、防寒対策をしっかりし、足ごしらえを厳重にしてお出かけください。


よしだ