からむしと麻のちがい
画面中央より左後方の笹状の葉の植物は、苧麻の成育を助ける風除けの囲いとして植えられた大麻
■画面中央より左後方の笹状の葉の植物は、苧麻の成育を助ける風除けの囲いとして植えられた大麻(「別冊太陽 No.67 AUTUMN'89」より)

 昭和村では、大麻(アサ)の生産は、苧麻(からむし)生産と併行して行ってきました。特に戦時中でも、自給用のために栽培が止むことはありませんでした。しかし、麻薬取締の観点から大麻栽培が許可制となってからは栽培する人が減るようになりました。

 1900年代に入ると苧麻を止め、当時盛行していた養蚕に切り替える人も多くなりました。また戦時中は、とにかく収量が多い外来の苧麻類のラミー栽培が奨励され、引かずに供出したこともあったようです。

 昭和村では苧麻をからむし、大麻をアサとよんでいます。

 苧麻はイラクサ科のカラムシ属で多年草(宿根草)、大麻はクワ科の植物で一年草です。繊維を取り出す工程では、苧麻は長時間水に浸すと繊維が弱くなりますが、大麻は長時間水に浸し表皮を腐らせます。

ウセクチ
■ウセクチ
大麻と苧麻
■大麻と苧麻
(「別冊太陽 No.67 AUTUMN'89」より)

 糸づくりでも大麻は、熱を加えたり、米糠で揉んだりして柔らかくしてから、裂いて糸にします。つなぐときも繊維の先が細くなっているのでつなぎやすいのです。

 苧麻は乾燥させた繊維を水に浸して裂き、つなぎますが、大麻より細い糸ができます。大麻では、スキンノウ(餅米などを蒸かすときに使う)、蚊帳、裃、作業着などが作られました。裃は田島町などで染め、仕立てを頼むことが多かったようです。特に大麻を経糸、苧麻を緯糸で織った交織布を「カタヤマ」といい、裃等に仕立てられました。

 苧麻を糸にして紡ぎ、織ることも行われましたが、主に大麻が日常的に績まれ織られました。苧麻は畑から収穫し製し乾燥させ「青苧」で販売することが通常です。大麻は長い冬の間に女性よって「麻績み」され、糸に紡がれ、春に織られることが普通でした。大麻布は自家用あるいは布での販売です。

 まず数年、あるいは十年以上大麻栽培を行いながら、堆肥や厩肥を入れて土づくりをすすめ上畑(良質の畑)となった時点で苧麻を植え付けます。

 苧麻は栽培後、土地により5、6年過ぎると根が弱り、ところどころに穴があいたように苧麻が無くなるようになります。これを「ウセクチができる」(失せ口)といいます。

 ウセクチができるようになると、収量も減ることから、植え替えすることになります。このウセクチができるとその部分の周囲の苧麻はより多くの枝を出したりするため、均一でなくなり、繊維の質が悪くなります。ウセクチに大麻の種子を播き付け、苧麻と競争させて育てることで、苧麻の均一化と、倒伏防止にもなり、大麻も収穫できます。

Karamushi and Hemp
Cannabis and Karamushi are cultivated in the village of Showa. Karamushi is sold in the fibre state as "Blue Karamushi", while Cannabis is made into cloth before being either sold or used domestically.After 5 or 6 years, the Karamushi fields develop patches in which shoots do not appear. When this happens, the distribution of leaves and branches changes, and the fibre depreciates in quality. This depreciation is known as "Usekuchi". "Usekuchi"is countered by sowing Cannabis seeds and growing Cannabis simultaneously with Karamushi. This has the effect of balancing out the distribution of leaves and branches, and providing high quality fibre. This technique was invented by the farmers of Showa during the long course of their cultivating history.Karamushi is planted in fields of which the soil has been enriched by several years of Cannabis cultivation. When "Usekuchi" is observed, the Karamushi is stopped and Cannabis is planted again. This regenerates the soil, allowing the field to be recycled.
クリックすると、pdfファイルでご覧になれますpdfファイル