昭和村を知る
昭和村を観光する
昭和村を体験する
昭和村で生活する
交通・アクセス
地図
トップページ

-公共施設・公共料金-

各施設の使用料
各施設ごとに申請することで利用できます。

昭和村公民館 (申請先:教育委員会)
区 分
基本料金(1回につき)
付加料金
8時30分〜17時まで
17時〜21時まで
1月〜3月まで及び
11月〜12月までの間
ホール
9,710円
11,650円
 ---
研修室(A+B)
1,650円
1,840円
基本料金の20%の額
A
870円
970円
B
780円
870円
視聴覚室
1,640円
1,840円
和室(A+B+C)
1,560円
1,740円
A
780円
870円
B
780円
870円
実習室
780円
870円
※基本料金の1回は4時間とする。
※使用料の減免:昭和村公民館条例の目的にそう事業については村民無料。
※消費税外税、1円未満切捨。


昭和村運動広場(申請先:教育委員会)
区 分
使用料
照明設備使用料
運動広場
全 部
2,000円
 ---
一 部
1,000円
2,910円(村民1,940円
テニスコート
一 面
500円
 ---
※上記の使用料は、1時間の使用料。村民は照明設備以外の使用は無料
※消費税外税、1円未満切捨。


昭和村健康増進施設(申請先:教育委員会)
★体育的使用
区 分
利用料金
8時30分〜12時
13時〜17時
18時〜21時30分(夜間)
8時30分〜21時30分
中学生以下(個人)
無 料
無 料
 ---
 ---
一般(高校生以上の個人)
100円
100円
 ---
 ---
団 体
1,000円
1,000円
1,490円
3,000円


★体育外使用
区 分
利用料金
8時30分〜12時
13時〜17時
18時〜21時30分(夜間)
8時30分〜21時30分
非営利的
2,000円
2,000円
3,000円
7,000円
営利的
3,490円
3,490円
5,000円
10,000円
※電灯を必要とする場合には、夜間の料金を適用。
※消費税外税、1円未満切捨。


昭和村克雪管理センター(申請先:総務課企画係)
区 分
単 位
基本料金
付加料金
1月〜3月まで及び
11月〜12月までの間
集会室
1回
520円
基本料金の20%の額
民芸品共同作業室
1日
1,050円
共同作業室
1日
1,050円
※1回とは、4時間まで。
※1日とは、午前8時〜午後5時30分まで。


奥会津昭和の森(キャンプ場)(申請先:産業建設課産業係)
区 分
単 位
村 民
村民以外
備 考
一般キャンプ
1張
600円
1,200円
24時間以内(テント持込)
テントサイト
1基
1,200円
2,400円
バンガロー
1棟
2,400円
4,800円
24時間以内
ケビン
1棟
6,000円
12,000円
バーベキューハウス
1基
600円
1,200円
ゲートボール場
1面
600円
1,200円
野外電源使用料
1回
1,200円
2,400円
4時間以内
管理棟シャワー
1回
200円
200円
30分以内


昭和村保健・医療・福祉総合センター(すみれ荘)(申請先:保健福祉課)
区 分
基本料金(1回につき)
付加料金
8時30分〜17時まで
17時〜21時まで
1月〜3月まで及び
11月〜12月までの間
多目的ホール
2,030円
2,440円
基本料金の30%の額
保健相談室
1,520円
1,830円
保健指導室
1,010円
1,220円
調理実習室
3,050円
3,660円
※1回とは、4時間まで。


昭和村高齢者福祉センター(居住棟)(申請先:保健福祉課)
区 分
利用料金
その他
居 室
収入により0円〜50,000円
光熱水費実費負担あり


昭和村保育所(申請先:保健福祉課)
○村民税、所得税の課税額による基準徴収表(月額)
階層区分
定 義
徴収基準額 H26.4〜
満3歳未満児
満3歳以上児
第1階層
生活保護法による被保護世帯(単級世帯を含む)
0円
0円
第2階層
第1階層及び第4〜第7階層を除き、前年度分の市町村民税の額の区分が次の区分に該当する世帯
市町村民税非課税世帯
3,000円
2,000円
第3階層
市町村民税課税世帯
6,500円
5,500円
第4階層
第1階層を除き、前年度分の所得税課税世帯であって、その所得の額の区分が次の区分に該当する世帯
40,000円未満
10,000円
9,000円
第5階層
40,000円以上103,000円未満
14,800円
13,800円
第6階層
103,000円以上413,000円未満
20,300円
19,300円
第7階層
413,000円以上
26,600円
25,600円
※年齢区分は、毎年4月1日現在の年齢区分による。
※第2階層と認定された世帯でも、「母子世帯等・在宅障がい児(者)のいる世帯」など減免対象となる事項有り。
※第2〜7階層に属する世帯から2人以上の児童が入所している場合は2人目から基準により減額となる。




昭和村営住宅

●住宅の構造等
 平屋木造住宅 3DK 床面積 84.96m2 8戸(一戸建て住宅)
 平屋木造住宅 2DK 床面積 71.22m2 2戸・1棟
一戸建て住宅
一戸建て住宅

●家賃及び敷金等
 12,900円〜42,100円(入居者の収入等により異なります。)
 敷金 家賃の3ヵ月分

●入居者の資格
 1.現に同居し又は同居しようとする親族(婚約者等を含む)がある方。
   ただし、単身者にあっては公営住宅法令又は村営住宅管理条例(以下「法令等」という)に
   定める特別な事由に該当する方。
 2.村内に住所又は勤務場所を有する方で、市町村税等の滞納をしていない方。
 3.現に住宅に困窮していることが明らかな方。
 4.入居者収入基準
   扶養等控除後の入居世帯員の合計所得額が月額15万円8千円以下の方。
   ただし、入居者が60歳以上でかつ、同居者のいずれもが60歳以上又は18歳未満のもので
   ある場合等「法令等」に定める特別な事由に該当する方については、
   月額21万4千円以下で同居親族が多い方等、特に居住の安定を図る必要がある方。
 5.暴力団員又は村営住宅入居者の居住の平穏を著しく害するおそれのある者でないこと。


昭和村特定公共賃貸住宅

●住宅の構造等
 鉄骨造2階建集合住宅 3DK 床面積 81.94m2(1戸当たり) 6戸・3棟
鉄骨造2階建集合住宅

●家賃及び敷金等
 25,000円※この他に共益費(1,500円程度)がかかります。
 敷金75,000円(家賃の3ヵ月分)

●入居者の資格
 1.自ら居住するため住宅を必要とする方のうち、現に同居または同居しようとする親族
   (婚約者等を含む。)がある方。
 2.単身入居者の基準
   ・昭和村に住所を設定する意志がある方。
   ・地域振興を図るため都市部からのUターン、Jターン等による方。
 3.市町村税等の滞納をしていない方。
 4.所得の基準
   ・扶養等控除後の入居世帯員の合計所得額が、月額15万8千円以上で48万7千円以下に
    該当する方。
   ・単身者で、月収が15万8千円に満たない場合は、所得の上昇が見込まれる方。
 5.同居親族が多い方等、特に居住の安定を図る必要がある方が優先になります。
 6.暴力団員又は村営住宅入居者の居住の平穏を著しく害するおそれのある者でないこと。

【入居申込必要書類】
 1.住宅入居申込書(用紙は役場産業建設課建設係にあります。)
 2.所得証明書
   本人及び入居予定同居親族(婚約者等を含む)について、市町村長発行の前年の所得
   証明書。15歳以上全員とし、学生は在学証明書とする。
   ただし、前年の所得証明書の発行が受けられない場合は、給与所得者については前年
   の源泉徴収票と前々年の所得証明書。事業所得者等については、前年の確定申告書等
   所得の収支を記載した証明書と前々年の所得証明書。
 3.市町村長が発行する入居予定者全員の納税証明書
 4.入居予定者全員の住民票

【入居者の選考】
 入居の申し込みを受理した戸数が募集戸数を超える場合は、現に住宅に困窮している実状等
 を調査し、困窮度合いの高い方から決定します。(これによりがたい場合は申込者等の立ち会
 いのもと、抽選にて決定します)

【入居者の公募方法】
 既存の住宅で空きが出た場合、随時広報又は印刷物等で周知し募集を行います。
 (新規住宅の場合は一斉募集となります。)
 ※住宅内部の移動など公募によらない例外規定もありますので、ご了承ください。

【お問い合わせ】
 詳細については、昭和村役場産業建設課建設係(電話0241-57-2123)へお問合せください。



簡易水道料金
  水道使用料金及びメーター使用料金は、次のとおりです。なお、検針については、毎月行い2ヶ月分を翌月に徴収します。
冬期間(11月から翌年4月まで)については、基本料金+メーター使用料のみの徴収とし、超過料金は、翌年5月に検針し、まとめて徴収します。

〔水道使用料金〕(消費税外税 1円未満切捨)
(円/1箇月当り)
種  別用  途基 本 水 量
(m3月)
基 本 料 金
(円/月)
超 過 料 金
(円/m3
専 用 栓一 般 用101,750180
営 業 用203,880190
臨 時 用370370
共 用 栓 101,750180

〔メーター使用料〕(消費税外税 1円未満切捨)
(円/1箇月当り)
口  径φ13φ20φ25φ30φ40φ50
金 額1001501602503901,040

《使用料金計算例》専用栓一般5月〜6月の2ヶ月分について使用料が25m3の場合。
(基本料金)
1,750円×2月分

(メーター使用料)
100円×2月分

(超過料金)
25m3-[10m3×2月]


4,600円+消費税
3,500円200円(5m2×180円)

下水道使用料金
  下水道使用料金は、次のとおりです。
(消費税 外税 1円未満切捨)
基 本 料 金
(一月につき)
超 過 使 用 料 (一月につき)
汚  水  量
1立方メートルにつき
汚 水 量
10立方メートルまで
1,600円
10立方メートル越え50立方メートルまで140円
50立方メートル越え100立方メートルまで160円
100立方メートル越える分180円

(1) 一般世帯
  【1】排水量の認定は、世帯員1人当たり6立方メートルとして算定します。
  【2】世帯員の確認は、原則として年2回(5月・11月)とします。
 
《使用料金計算例》世帯員が3人の場合(1月当たり)【排水量(3人×6m3=18m3
(基本料金)10m3
(超過料金)18m3−10m3=8m3
(合計)
1,600円8m3×140円2,720円+消費税
※納付書の発行は、水道料金と同じく2ヶ月分となります。(発行月も同じです。)
(2) 営 業 用
  【1】営業用とは、旅館・民宿・飲食店・理美容・豆腐製造・山菜加工業等です。
  【2】排水量の認定で、簡易水道のみ使用の場合、または簡易水道以外の水道のみ使用の場合は、 その水道の使用料とします。(簡易水道以外の水道については役場でメーターを設置します)
  【3】排水量の認定で簡易水道と簡易水道以外の水道を両方使用の場合は、それぞれの使用水量を合計した数量とします。(簡易水道以外の水道については役場でメーターを設置します)
(3) 官 公 所
  【1】排水量の認定は、簡易水道の使用水量です。


平成29・30年度 昭和村入札参加資格審査申請書受付要項

1.申請書受付期間
   平成29年1月4日から同年2月28日まで

2.入札参加資格の有効期限
   平成29年4月1日から平成31年3月31日まで

3.申請書受付方法
   原則、持参申請。(A4ファイル不要)
   ただし、内容及び添付書類等に不備がなければ郵送も可能(当日消印有効)

4.申請書受付時間
   閉庁日を除く午前8時30分から午後5時15分まで

5.申請書様式等
   福島県様式

6.入札参加資格申請書受付点検事項
(1)申請書
  □ 様式等は福島県様式とする
  □ 所在地、名称、代表者氏名及び印、日付等の記入漏れがないこと
  □ 入札参加希望工事種別又は業種、
    製造販売品目等の入札参加の希望書種別等の詳細が記入されていること
(2)添付書類
  (建設工事関係)
  □ 建設業の営業許可を受けていることを証する書面又はその写し
  □ 経営事項審査結果通知書の写し(審査基準決算日より1年7ケ月以内のもの)
  □ 工事経歴書
  □ 技術者経歴書
  □ 営業所一覧表
  □ 営業所等に権限委任行為のある場合は、委任を証する書面
  □ 納税証明書又はその写し
  □ 建設共同企業体の場合は、共同企業体協定書の写し
  (測量設計調査等委託業務関係)
  □ 登録規定に基づく登録を受けている者にあっては、
    登録証明書又は国土交通大臣に提出した現況報告書又はその写し。
    調査又は土木設計で当該書類を添付しない場合にあっては、
    申請者は法人であるときは商業登録簿謄本又はその写し。
    (個人の場合は身分証明書)
  □ 業務経歴書
  □ 技術者経歴書
  □ 財務諸表
  □ 営業所一覧表
  □ 営業所等に権限委任行為のある場合は、委任を証する書面
  □ 納税証明書又はその写し。
  (製造の請負に関係するもの)
  □ 商業登録簿謄本又はその写し。(個人の場合は身分証明書)
  □ 財務諸表
  □ 営業所一覧表
  □ 営業所等に権限委任行為のある場合は、委任を証する書面
  □ 直前2年における実績高調書
  □ 職員数及び営業年数調書
  (物品の販売及び修繕に関するもの)
  □ 代理店及び取扱店となっている場合は、その証明書
  □ その他営業の、内容、能力等を示す必要があるときは、その調書
  □ その他、資格を審査するのに必要なものとして提出を求める書類

7.提出先
   〒968-0103
   福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島652番地
     昭和村役場産業建設課建設係(TEL 0241-57-2123)
福 島 県 大 沼 郡 昭 和 村