○昭和村連絡員規則

昭和三十五年三月二十四日

規則第二号

(この規則の目的)

第一条 この規則は、村と村民との間の連絡等に関する事務の円滑化を図るため、昭和村連絡員の設置・担当区域・担当事務等について必要な事項を定めることを目的とする。

(連絡員の設置)

第二条 村長は、必要と認める区域を定め、昭和村連絡員(以下「連絡員」という。)を置く。

(委嘱)

第三条 連絡員は、村長が委嘱する。

2 前項の委嘱は、別記様式により辞令を交付して行う。

(任期)

第四条 連絡員は非常勤とし、その任期は一年とする。

(担任事務)

第五条 連絡員は、おおむね次の各号に掲げる事務を担任する。

 村長から住民に対する連絡に関すること。

 納入通知書等の送達に関すること。

 各種調査報告に関すること。

 前三号に掲げるもののほか、村長が特に必要と認めて命じた軽易な事務の処理に関すること。

(服務の基準)

第六条 連絡員は、その職務に行うにあたつては公正を旨とし、かつ、責任ある事務の執行に努めなければならない。

(資料提供等)

第七条 連絡員は、その事務を処理するため必要があるときは、村長に対し必要とする資料の提供又は技術的援助を求めることができる。

(事務引継)

第八条 連絡員に異動があつた場合においては、前任者は、すみやかにその職務に関する書類、帳簿、物品目録を整理して、その担任する事務を後任者に引き継がなければならない。

(報酬及び費用弁償)

第九条 村は連絡員に対し別に条例の定めるところにより報酬を支給し、及びその職務を行うために要する費用を弁償する。

(諸帳簿等の備付)

第十条 連絡員は、次の各号に掲げる書類又は帳簿を備え付け、村長の定めるところにより、つねにこれを整理しておかなければならない。

 世帯台帳

 物品台帳

 収発文書綴

 納入通知書等交付送達簿

 村長が必要と認める書類又は帳簿

附 則

この規則は、昭和三十五年四月一日から施行する。

昭和村連絡員規則

昭和35年3月24日 規則第2号

(昭和35年3月24日施行)