○昭和村交通教育専門員設置条例

昭和六十三年三月十五日

条例第五号

(設置)

第一条 昭和村における交通の安全に関する知識の普及及び交通安全思想の高揚を図るため、交通教育専門員(以下「専門員」という。)を置く。

(身分)

第二条 専門員の身分は、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)第三条第三項第三号に規定する特別職の非常勤の職員とする。

(業務)

第三条 専門員は、村長の命を受け、関係機関等と密接な連携を図り、次に掲げる業務を行うものとする。

 交通安全教育活動

 街頭指導及び広報活動

 交通安全関係ボランティア団体の育成、指導

 その他村長が必要と認める交通安全に関する業務

(報酬及び費用弁償)

第四条 専門員には、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す条例(昭和四十一年昭和村条例第十二号)の規定により報酬及び費用弁償を支給する。

(公務災害補償)

第五条 専門員が公務上の災害又は通勤による災害があつたときは、市町村議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(昭和五十四年福島県市町村総合事務組合条例第十六号)により補償する。

(委任)

第六条 この条例の施行に関して必要な事項については、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和六十三年四月一日から施行する。

2 昭和村交通指導員条例(昭和五十七年昭和村条例第八号)は、廃止する。

昭和村交通教育専門員設置条例

昭和63年3月15日 条例第5号

(昭和63年3月15日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 村  長/第7節 交通対策・生活安全
沿革情報
昭和63年3月15日 条例第5号