○昭和村社会教育指導員設置等に関する規則

昭和四十七年七月一日

教委規則第十号

(設置)

第一条 社会教育の振興を図るため、教育委員会事務局に昭和村社会教育指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(職務)

第二条 指導員は、教育委員会の委嘱をうけた社会教育の特定分野について指導若しくは学習相談にあたり、又は社会教育関係団体の育成にあたるものとする。

(服務)

第三条 指導員は、上司の指揮監督をうけ、その職務上の命令に従わなければならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務上知り得た秘密を漏してはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

4 指導員は、非常勤とする。

(在任期間)

第四条 指導員の在任期間は、一年以内とし、再任を妨げない。ただし、補助設置の通算年数は三年をこえないものとし、村費設置については、この限りでない。

(報酬)

第五条 指導員に対しては、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和四十一年昭和村条例第十二号)に定める額の報酬を支給する。

(委任)

第六条 この規則に定めるもののほか、指導員に関し必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五九年教委規則第二号)

この規則は、昭和五十九年四月一日から施行する。

昭和村社会教育指導員設置等に関する規則

昭和47年7月1日 教育委員会規則第10号

(昭和59年3月31日施行)

体系情報
第7編 教  育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和47年7月1日 教育委員会規則第10号
昭和59年3月31日 教育委員会規則第2号