○昭和村文化財保護審議会規程

昭和五十九年五月二十四日

教委規程第一号

第一条 昭和村文化財保護に関する条例(昭和四十年昭和村条例第二十一号)第十六条の規定による文化財保護審議会(以下「審議会」という。)に委員を置く。

第二条 審議会に委員長及び副委員長各一名を置く。

2 委員長及び副委員長は、審議会委員の中から互選により選出する。

3 委員長は、審議会会議の議長となり会務を総括する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長事故あるときはその職務を代理する。

第三条 審議会の会議は、その都度教育長がこれを招集する。

第四条 審議会の会議は、委員の半数以上が出席しなければこれを開くことができない。

2 議事は、出席委員でこれを定める。

第五条 教育長又は教育委員会が指定する職員は、審議会会議に出席して意見をのべることができる。

2 審議会の議事に関する事務は、公民館において処理する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

昭和村文化財保護審議会規程

昭和59年5月24日 教育委員会規程第1号

(昭和59年5月24日施行)

体系情報
第7編 教  育/第4章 文化財
沿革情報
昭和59年5月24日 教育委員会規程第1号