○昭和村健康づくり推進協議会条例

平成四年六月三十日

条例第二十三号

(目的)

第一条 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百三十八条の四第三項の規定に基づき、村における健康づくりに関して重要な事項について調査及び協議するため、昭和村健康づくり推進協議会(以下「推進協議会」という。)を置く。

(所掌事項)

第二条 推進協議会は、第一条の目的を達成するため、次の事項について調査協議し、村長に意見具申する。

 村民の健康づくりに関する重要な事項

 その他本事業の円滑な運営を図るために必要な事項

(組織)

第三条 推進協議会は、委員十七人で組織する。

2 委員は村長が委嘱する。

(任期)

第四条 委員の任期は二年とする。ただし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

2 前項の委員は再任されることができる。

(会長)

第五条 推進協議会に会長を置く。会長は委員の互選とする。

2 会長は、会務を総理する。

3 会長事故あるときは、会長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第六条 推進協議会の会議は会長が招集する。

2 推進協議会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 推進協議会の会議の議長は、会長がこれにあたる。

(庶務)

第七条 推進協議会の庶務は、昭和村役場保健福祉課において処理する。

(補則)

第八条 この条例に定めるもののほか推進協議会の運営に関して必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この条例は、平成四年七月一日から施行する。

附 則(平成八年条例第七号)

この条例は、平成八年四月一日から施行する。

昭和村健康づくり推進協議会条例

平成4年6月30日 条例第23号

(平成8年3月19日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第3章 保健・衛生
沿革情報
平成4年6月30日 条例第23号
平成8年3月19日 条例第7号