○奥会津昭和の森管理運営規則

平成四年四月十五日

規則第十号

(目的)

第一条 この規則は、奥会津昭和の森設置条例(平成四年昭和村条例第十六号。以下「条例」という。)の管理及び運営その他必要な事項を定めることを目的とする。

(使用の手続き)

第二条 条例第六条第一項の許可を受けようとする者は、奥会津昭和の森施設使用許可申請書(第一号様式)に必要な事項を記入し、使用料を添え村長に提出し、その許可を受けなければならない。

2 村長は、前項の規定による許可をするときは、条件等を付し、奥会津昭和の森使用許可書(第二号様式)を交付しなければならない。

(使用料の減免)

第三条 条例第七条第三項の規定による使用料の減免は、次に掲げる基準により行うものとする。

 村(村の機関を含む)が直接主催する行事のため使用するとき 全額

 国又は他の地方公共団体が公用のため使用するとき 半額

 活動の拠点が村内にある公共的団体が産業振興、社会福祉又は社会教育のために使用するとき 全額

 活動の拠点が村外にある公共的団体が産業振興、社会福祉又は社会教育のために使用するとき 半額

 その他村長が特に必要と認めるとき 村長が定める額

(使用者の遵守事項)

第四条 奥会津昭和の森を使用する者は、条例で定めるもののほか、次の事項を遵守しなければならない。

 施設、設備及び備品等を丁寧に取扱い、滅失又は棄損しないこと。

 火気の使用は所定の場所で行い、充分注意し、消火を必ず確認すること。

 施設内の清潔を保ち、整理整頓に努力すること。

 許可なくして竹木の伐採、植物の採取、動物の捕獲又は殺傷をしないこと。

 使用許可書を携帯し、村長の請求があつたときは、これを提示しなければならない。

 その他係員の指示に従うこと。

(目的外の使用禁止)

第五条 使用の許可を受けた者は、目的外に使用し、若しくは転貸し、又はその権利を他に譲渡してはならない。

第六条 この規則に定めるもののほか、施設の管理に関して必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この規則は、平成四年四月二十日から施行する。

附 則(平成一七年規則第一〇号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

奥会津昭和の森管理運営規則

平成4年4月15日 規則第10号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章 観  光
沿革情報
平成4年4月15日 規則第10号
平成17年4月1日 規則第10号