○昭和村消防団設置条例

昭和四十二年三月十六日

条例第十四号

(目的)

第一条 この条例は、消防組織法(昭和二十二年法律第二百二十六号)第九条の規定に基づき、消防団の設置等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第二条 昭和村の消防事務を処理するため消防団を置く。

(名称及び区域)

第三条 消防団は、昭和村消防団と称し、管轄区域は、昭和村の区域の全部とする。

(消防団員)

第四条 消防団に消防団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長、副班長及び団員(消防協力隊員を含む。)(以下「消防団員」という。)を置く。

2 消防団員は、本村に居住する年齢満十八歳以上のものでなければならない。

(定員及び配置)

第五条 消防団員の定員及び配置は、別表第一のとおりとする。

(退職)

第六条 消防団員が退職しようとする場合は、あらかじめ任命権者の許可を受けなければならない。

(懲戒)

第七条 消防団員であつて次の各号の一に該当する場合においては、任免権者はこれを懲戒することができる。

 職務上の義務に違反し又は職務を怠つたとき。

 職務の内外を問わず消防団員の体面を傷つける行為のあつたとき。

 その他職務規律に違背する行為のあつたとき。

(懲戒の種類)

第八条 前条の懲戒は、次の区分により行う。

 免職

 停職

 戒告

2 停職は、一月以内の期間を定めて行う。

(懲戒権者)

第九条 前三条の規定による消防団員の退職又は懲戒は、村長の承認を得て消防団長が行い、消防団長については、村長がこれを行うものとする。

(服務規律)

第十条 消防団員は、消防団長の召集によつて出動し、服務するものとする。

2 召集の命を受けないときであつても、火災その他非常災害の発生を知つたときは、あらかじめ指定された要領に従い直ちに出動して服務しなければならない。

第十一条 消防団員が十日以上居住地を離れる場合は、消防団長にあつては村長に、消防団長以外の消防団員にあつては消防団長に届け出なければならない。ただし、特別の事情がない限り消防団員の半数以上が同時に居住地を離れることはできない。

第十二条 消防団員は、火災警報発令中その他特に警戒の必要があると認められる際は、警備に支障のある場所に多数集合したり又は多数集合して飲酒をしてはならない。

第十三条 消防団員は、次の各号の事項を遵守しなければならない。

 住民に対し常に火災の予防及び警火心の喚起に努め、事ある場合には身を挺してこれに当る心構えを持たなければならないこと。

 規律を厳守して上司の指揮命令のもと一致団結して事に当らなければならないこと。

 互に礼節を重んじ信義を厚くし、常に言行を慎しまなければならないこと。

 職務に関し金品の贈与又は饗応を受け又はこれを請求する等のことをしてはならないこと。

 職務上知り得たことの機密は漏らしてはならないこと。

 消防団又は消防団員の名義をもつて政治運動に関与し又は他人の訴訟若しくは紛争に関与してはならないこと。

 消防団又は消防団員の名義をもつてみだりに寄附を募り又は営利行為をなし、若しくは義務の負担となるような行為をしてはならないこと。

 機械器具その他消防団の設備資材の管理にあたり、職務のほか使用してはならない。

(宣誓)

第十四条 消防団員となつた者は、その任命後別表第二による宣誓書に署名しなければならない。

(補則)

第十五条 この条例の施行に関し必要な事項は、村長が定める。

附 則

1 この条例は、昭和四十二年四月一日から施行する。

2 昭和村消防団員の任免服務に関する条例(昭和三十二年昭和村条例第三十二号)は、廃止する。

3 この条例施行の際従前の規定によつて任命された消防団員(役員を含む。)は、この条例により任命されたものとし、役員の任期は従前の期間を通算するものとする。

4 昭和村消防団の定員及び配置は、平成十八年四月一日から平成十九年三月三十一日までの間において、別表第一の規定にかかわらず、次の表に掲げる定員及び配置とする。

 

 

階級

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

副班長

団員

 

職名

消防団長

副団長

総務部長

訓練指導員

分団長

副分団長

庶務部長

分団訓練部長

班長

副班長

団員

名称

 

本団

本部

 

 

第一分団

第一班

 

 

三二

第二班

 

 

一〇

第三班

 

 

一〇

第四班

 

 

一三

第五班

 

 

第二分団

第六班

 

 

二三

第七班

 

 

第八班

 

 

一〇

第九班

 

 

第十班

 

 

一七

 

十一

十一

一四四

附 則(昭和四八年条例第八号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五六年条例第二号)

この条例は、昭和五十六年四月一日から施行する。

附 則(昭和六一年条例第二号)

この条例は、昭和六十一年四月一日から施行する。

附 則(平成四年条例第三号)

この条例は、平成四年四月一日から施行する。

附 則(平成一八年条例第二〇号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

別表第一(第五条関係)

定員及び配置

 

 

階級

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

副班長

団員

 

職名

消防団長

副団長

総務部長

訓練指導員

分団長

副分団長

庶務部長

分団訓練部長

班長

副班長

団員

名称

 

本団

本部

 

 

第一分団

第一班

 

 

三三

第二班

 

 

一〇

第三班

 

 

一〇

第四班

 

 

一三

第五班

 

 

第二分団

第六班

 

 

二三

第七班

 

 

第八班

 

 

一〇

第九班

 

 

第十班

 

 

一七

 

十一

十一

一四五

昭和村消防団設置条例

昭和42年3月16日 条例第14号

(平成18年4月1日施行)