教育・文化

昭和村の教育

昭和村総合教育会議

平成30年度 第1回総合教育会議を開催しましたのでお知らせします。
開催日 平成30年10月5日(金)

昭和村通学路交通安全プログラム

平成27年11月に昭和村通学路交通安全プログラムを策定しました。

昭和村の奨学金制度について

村では下記の資格に該当した学生に対し、奨学資金を貸与する制度があります。
奨学資金貸与を希望される方は教育委員会(57-2164)へお問い合わせください。

資格(1)高等学校、大学及び高等専門学校又は専修学校に在学又は入学が決定したもので、品行が正しく、学術にすぐれ健康であること。
(2)昭和村内に本人又は保護者が引き続き1ヶ年以上住所を有していること。
(3)経済的理由により、修学が困難と認められること。
奨学金の額高校生 月額 30,000円以内
大学生 月額 50,000円以内
貸与期間奨学生が在学する学校の正規の修業期間
奨学生の決定奨学生選考委員会で審議し教育委員会教育長が決定します。
返還期間卒業の月の6ヶ月後から月賦で10年以内に返還
返還猶予及び免除昭和村の住民でかつ定住を希望する者は、本人からの願出により奨学資金返還発生時から5年間返還を猶予される。
返還を猶予された者が、引き続き在住し定住すると認められたときは、本人からの願出により返還を免除される。
出願手続き「奨学生願書」及び「奨学生推薦調書」を在学校長を経て昭和村教育委員会に提出すること。用紙は教育委員会事務局(公民館内)にて配布する。
募集期間令和3年3月1日(月)から4月19日(月)まで。5月中に決定し4月分から支給します。
お問い合わせ先詳細については、昭和村教育委員会へお問い合わせください。
(電話 0241-57-2164)

生涯学習

生涯を通して楽しく学べる環境づくりを基本目標に、村民がいつでも、どこでも、だれでも学習できる機会と場所の提供を行っています。

生涯学習講座

千歳学級「令和2年度閉級式」 3月

 織姫交流館において、令和2年度千歳学級閉級式を開催しました。酒井オヨシ学級委員長から今年度の活動を振り返ると共に次年度への期待を込めたご挨拶をいただき、今年度の学級を締めくくりました。閉級式後は、今年度最後の活動として、からむし工芸博物館見学会を行いました。現在開催中の企画展「昭和村へやって来た巡見使」の展示解説として学芸員の松尾さんにお話いただき、江戸時代に実際に昭和村で巡見使に振舞われたおもてなしの数々を詳しく知ることが出来ました。また、常設展もじっくり見学し、改めて村の貴重な文化に触れる良い機会となりました。

『蕎麦打ち教室』 令和2年11月

◇講師:「蕎麦工房ふなき」 舟木長一さん
新蕎麦の時期に開催される恒例の教室で、参加者は蕎麦打ちの捏ね・のし・切りの一連の工程に挑戦しました。蕎麦を打つのは初めての参加者も、なかなかの腕前で蕎麦打ちを楽しみ綺麗な蕎麦が出来ました。

『秋の苔玉作り教室』 令和2年10月

◇講師:「佐藤生花店」 佐藤和弘さん
季節の植物を使った苔玉作りを教えていただきました。土を良く捏ねて丸く整え、中に班入りヤブコウジ、セダム(銘月)を埋め、水苔でしっかりくるみました。小さな秋の景色を醸し出す風情豊かな苔玉が完成しました。


 

『アロマクラフト教室』 令和2年10月

◇講師:佐藤まゆみさん(アロマインストラクター)
アロマワックス缶作りを教えていただきました。ドライフラワー・ドライフルーツ・木の実・ビーズなどから選んだ自分の好きな材料を、ローズやアップルのアロマオイルで香りづけしたワックスに沈まないようにバランス良く飾り、やさしくほのかに香る素敵なアロマワックス缶が出来ました。


 

少年教室

少年教室「令和2年度閉講式」 令和3年3月

 公民館で令和2年度少年教室閉講式を行いました。1年間の活動のまとめとして星公民館長からお話をしていただき、児童は1年間の成長がうかがえる様子で耳を傾けていました。お話の後は、凧制作と凧上げを行いました。白い生地にマジックペンで自由に絵を描き、骨ぐみを組み立てオリジナルの凧を完成させ、凧上げに挑戦しました。最初は、なかなか上がったままの状態をキープ出来ず苦戦していましたが、徐々にコツを掴み上空まで上がるようになりました。春の訪れを感じる暖かい風を背に受け元気一杯走る児童の手から伸びた凧は、青く澄んだ空高く気持ち良さそうに飛んでいました。(保健福祉課「放課後児童クラブ」合同開催)

少年教室『手作り森のクリスマス会』 令和2年12月

会津自然の家でクリスマス会を開催し、子ども達は一足早いクリスマス気分を楽しみました。
【午前】クリスマスケーキづくりを行いました。ケーキの生地づくりからデコレーション迄、全て手作りに挑戦しました。6年生の班長を中心に班で協力して手際良く行い、可愛くて美味しそうなクリスマスケーキが完成しました。
【午後】クリスマスのクラフト制作を行いました。松ぼっくりにビーズやモール、スパンコール、雪のようなふわふわの綿を飾り、自然の素材を活かしたオリジナルのスノードームが出来ました。



 

少年教室・放課後児童クラブ合同
『かすみ草工作教室』 令和2年10月

◇講師:「笑和の会」 栗城松江さん・菅家タカ子さん
小学校収穫祭の振替休日を利用して、少年教室と放課後児童クラブ合同で開催し、ラミネートを使ったしおり作りを教えていただきました。昭和村産の色とりどりの染色かすみ草のドライフラワーをメインに、桜やからむしの葉の押し花・色和紙・ステンシル等を使って、オリジナルのしおり作りを楽しみました。

『木工教室』 令和2年9月

◇講師:押部僚太さん(昭和村地域おこし協力隊)
枝や木の板を使った木琴づくりに挑戦しました。スギ・ケヤキ・サクラ・ホオノキなどの樹種から好みのものを選び、枠の上にバランスを考えながら並べ、鋸を使い長さを調整しました。作業工程の中には、鋸や金槌と釘を使う作業もありましたが、低学年も講師に補助してもらいながら、自分で行うことが出来ました。また、高学年は電動ドリルでの作業にも挑戦しました。自然味溢れる木琴が完成し、くるみで作ったバチで軽やかな音色を響かせました。

『山っ子スクール』 令和2年8月

三島町・金山町・昭和村三町村の4~6年生の児童を対象とした自然交流事業「山っ子スクール」が、村内大芦地区の玉川渓谷で開催されました。奥会津の大自然を生かし、普段なかなかできない川遊びを体験することにより、豊かな感性、たくましい心と体、郷土を愛する心を養うことを目的とし、渓谷での沢歩きを体験しました。じりじりと太陽が照りつける夏空のもと、透き通った綺麗な水の中を水を掛け合い泳いだり、、生息する虫や魚を観察したり、ひんやり冷たい水で涼みながら川遊びを楽しみました。半日だけの短い時間内での活動でしたが、他町村の児童との交流も深まりました。

千歳学級

千歳学級・昭和村老人クラブ連合会共催
『知るぽるとセミナー』 令和2年12月

千歳学級と昭和村老人クラブ連合会の共催で「知るぽるとセミナー」を開催し、くらしとお金について学びました。

【第1部】「くらしの中の法律について」
◇講師:金融広報アドバイザー 司法書士 庄司遼さん
騒音や悪臭、日照など日常に起こりうる近隣トラブルについて事例を挙げての説明とその対処方法など、より良く暮らせる法律知識を聞くことが出来ました。

【第2部】「にちぎん出前見学」
◇講師:日本銀行福島支店職員
実際にお札を見ながら、ホログラム・マイクロ文字・識別マークなど、たくさん施されているお札の偽造防止技術を体験しました。

文化協会・千歳学級合同『文化研修会』 令和2年11月

福島県立博物館の学芸員を講師にお招きして「文化研修会 福島県立博物館出前講座」を開催しました。

【第1部】美術講座
◇講師:塚本麻衣子さん
「仏像のキホン・見方のおすすめ」についてお話いただきました。仏像の種類・身体的特徴・印相(手の形)や仏像をめぐる人々についてなど、仏像を鑑賞する際に、より興味を持って楽しめる情報を教えていただきました。

【第2部】民俗講座
◇講師:江川トヨ子さん
「いまさら聞けないこづゆのアレコレ」についてお話いただきました。会津地方で祝い事やお正月にご馳走として食べられる「こづゆ」について、地方によっての言い方や材料の違いなどを、改めて詳しく知ることが出来ました。


 

『秋の美術教室』 令和2年10月

【大人の塗り絵教室】
◇講師:涌井香奈恵さん
 第一部として、大人の塗り絵教室を行いました。色えんぴつの効果的な使い方をアドバイスしていただきながら、色の明暗や立体感が出るように工夫して色を重ね、深みのある美しい色彩の作品を仕上げました。「集中出来て楽しかった」「色えんぴつだけでこんなに多彩な色が出るのはすごい!」「家でもやってみたい」など、子どもの頃以来の久々の塗り絵を楽しみました。
【天然木の貼り絵教室】
 第二部として、天然木の貼り絵教室を行いました。天然木を加工したシートを切り取り、下絵に貼って「富士山と松」又は「ふくろうファミリー」の貼り絵アートを完成させました。原木のもつ色味・木目は一つとして同じものがなく、それぞれの風合いが調和した木目の魅力溢れる作品となりました。


『東北電力奥会津水力館みお里見学会』 令和2年9月

金山町に7月にオープンした、東北電力奥会津水力館みお里の見学会を行いました。まず、水力シアターで、水力発電の仕組みや只見川の電源開発の歴史、奥会津地域の魅力をじっくり観てから、館内の展示を詳しく案内していただきながら見学しました。プロジェクションマッピングで演出する水力スクエア、東北電力初代会長の白洲次郎の生涯、12名の作家の作品が圧巻の只見川ギャラリー、片岡鶴太郎氏の描く奥会津7町村の逸品など、アートや映像などの多彩な展示を通じて、奥会津地域の豊かな自然と共に育む東北電力の取り組みを実感出来ました。

『開級式』 令和2年8月

令和2年度千歳学級開級式が公民館で開催されました。新型コロナウイルス感染拡大予防対策の為4ヶ月遅れの開催となりましたが、学級生は今年度の活動のスタートを心待ちにしていた様子で、活動計画について積極的に話し合いました。また、学級委員長には、前学級委員長の推薦により、酒井オヨシさんが選任されました。
 開級式後は、会津坂下警察署昭和駐在所主任 鈴木司氏を講師にお招きして、「今知っておきたい詐欺の手口と防犯対策」をテーマとした講話と、電動車いすを中心とした交通安全についてお話いただきました。

「こんなことが学びたい」など希望がありましたら、公民館までお問い合せください。

移住を相談する